本文へ移動

ゼロ・エネルギーZEH

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)

住宅の低炭素化~ゼロエネルギー化が進んでいきます。
住宅の低炭素化 ~ゼロエネルギー化が進んでいきます。
LCCM住宅とは(トータルエネルギー消費量がマイナス)
建設から廃棄までの一生涯のCO2収支をマイナスにする住宅。

ZEHとは(一次エネルギー消費量が±0)
創るエネルギー量が、使うエネルギー量よりも大きいか、おおむね同じ量になることを目指した住宅。

認定低炭素住宅とは(一次エネルギー消費量が-10%)
建物の一次エネルギー消費量が、2013年改正省エネ基準に比べて-10%以上となる住宅。省エネ基準以上の断熱性能やCO2排出を抑える設備や処置の別途選択が必要。

一般住宅(一次エネルギー消費量が2013年改正省エネ基準内)
外皮(外壁や窓など)の断熱性能に加えて、一次エネルギー消費量が2013年改正省エネ基準以下になる住宅。注)長期優良住宅においても同等のレベルが要求されています。


自給自足を目指した、省エネルギー住宅
ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)
ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)
家庭で年間エネルギー消費量をおおむねゼロにする住宅のこと。具体的には、建物の断熱性を高め、エアコンの使用量を減らし、高効率な給湯器やHEMSを活用して、消費するエネルギー量を減らします。その分を太陽光発電、燃料電池などで創った電気を使うことでトータルでゼロにします。
住宅関連の「トータル支出」で考えると
住宅ローン+水道・光熱費の合計では
ゼロ・エネルギー・ハウスの方がおトクになることも!!
住宅関連の支出イメージ
TOPへ戻る