規格住宅

「颯の家」

颯の家

「彩の家」

彩の家

「ランドメードシステム」

ランドメードシステム かしこくたててひろびろくらす

ひとつの箱を途中で少しずらすことでナナメの線が長くなります。この仕組みを家づくりに応用したのがLand Made SYSTEM(ランドメードシステム)の大きな特徴のひとつ。箱を家の中の部屋のひとつと考えれば、空間の容量(容積)は変わらないのに、空間の広がりや用途が増すという不思議な現象が起こります。床面積(m²)からアプローチする従来の家づくりに対してLand Made SYSTEMでは空間容量(m³)で家づくりと向き合います。縦×横という平面的な設計で家を考えるのではなく、そこに『ナナメウエ』を織り込んで立体としての空間から着相する「プランニング」に重点を置いています。

1採光の極意~自然の光を室内に感じる暮らし~

南から差す光はもちろん、
北から差す光も上手に採り込みます。

室内にいかに光を採り込むか…採光は家づくりにおいてとても重要な要素です。ただ単に窓を数多く設置することが答えではありません。
建物の立地状況や自然の原理、ガラスの特性も踏まえ、『ナナメウエ』が生み出す効果的な採光をプランニングします。

・暗くなりがちな北向きの部屋にも、自然光がたっぷり降り注ぎます。
・自然光を室内にさらに拡散させるため、窓のガラス選びにもひと工夫。
・家具の配置もちゃんと考えることで、無駄のない採光を実現します。

2幸せな風景~家族の絆が深まる空間マジック~

気分的にも風通しの良い空間づくりは、
視線を『ナナメウエ』に向けるのがコツ。

効果的な採光により、室内の通風性も比例して高まります。でもそれだけではありません空間に『ナナメウエ』を 持ち込むことで開放感が増し、家族との関わり方やプライバシーにも効果を発揮。縦発想によって限られた空間を 活かし切ることで、住み手の気持ちに期待以上の価値で応えます。

対角線の長さで開放感を生み出す空間プランニングが特長です。
たとえば、キッチンで料理しながらお子さんの勉強する姿が見渡せたり…。
1階なのにバルコニーがあって、しかも、その大きな窓はカーテン無しでもOK。

3面積から容積へ~土地を選ばないプランニング~

さまざまな土地形状に
Land Made SYSTEMは有効です。

新しく造成された分譲地や区画整理地のような「きれいな形の四角い土地」は決して多くありません都市部になるほど、住宅設計に頭を悩ます土地形状が増える傾向がありますが、そういうケースになるほどプランニング力を発揮するのが、Land Made SYSTEM(ランドメードシステム)なのです。

住宅の空間利用率を高め、土地を隅々まで有効活用するプランニング。

4信頼できる設備~適材適所オールパナソニックの設備~

キッチン・バス・トイレはすべて、
信頼性の高いパナソニック製が標準装備。

Land Made SYSTEMでは、住宅設備を検討する前提として、経年変化に左右されない「ゆとりを生み出すサイズ選定」にこだわっています。そのうえで、特に水まわりについては、快適・便利・安全・省エネなどの機能面においても信頼性の高いパナソニック製を標準装備。より一層洗練された水まわり空間を提供しています。

・システムキッチンはゆったりサイズ。使いやすく開放的な空間を実現。
・節水・節電&汚れをはじく新素材トイレ。コンパクト設計で床面積も節約できます。
・バスルームは人造大理石のグレード感ある浴槽。

Land Made SYSTEMのプラスα

『ナナメ』にすると上も下も使えるため、
収納力が格段にパワーアップします。

「家を小さくつくる」からと言って、収納スペースを犠牲にしたりはしません。
むしろ、収納力が増すのがLand Made SYSTEMのメリットです。『ナナメ』の着想によって床下や小屋裏の空間を最大限に活用。
通常の約1.5倍もの収納力を実現します。

『ナナメウエ』の1階のバルコニーの下は外部収納!『ナナメウエ』のロフト部分にも大型収納!

さらには、こんなメリットも・・・

一般的に収納スペースは、「高さ1.4m以下」かつ「各階の床面積の2分の1未満」であれば床面積にカウントされず、しかも固定資産税の算出対象面積に含まれないというメリットもあります。※ただし、自治体によっては基準が異なる場合もあるため、詳しくはお尋ねください。

「ゼロエネルギーZEH」